縁日、イベント等の催しにおける露店開設について


 昨年8月に京都府福知山市で開催された花火大会において、露店の出店者が発電機へ給油する際、ガソリン携行缶の取扱い不注意により、気化したガソリンが飛散し引火、多数の死傷者が発生する露店爆発事故が発生しました。
 この事故を契機に、消防法施行令の一部を改正する政令が公布され、対象火気器具等の取り扱いに関する火災予防条例の基準が改正されました。
 改正された基準では、祭礼、縁日、花火大会、イベント等多数の者が参加する催しにおいて火災が発生した場合には、初期消火が極めて重要であることから、このような催しにおいて、対象火気器具等を使用する場合には、消火器を準備した上で使用することが義務づけられました。
 また、その実施状況について、消防機関が事前に把握し、必要に応じて指導ができるよう、露店等を開設する場合、あらかじめ、消防本部へ露店開設の届出が併せて義務づけられたものです。
 なお、この条例は平成26年8月1日から施行いたします。

※ご不明な点等ございましたら
淡路広域消防事務組合予防課TEL:(0799-24-2416)
又は、最寄りの消防署へお問い合わせください。
淡路広域消防事務組合火災予防条例の一部を改正する条例 (PDF:150KB)
表示・印刷にはAdobe Readerのインストール(無償)が必要になります。
アドビリーダー


| BACK |